>>今だけDQ10ドラマ「ゆうたの」が全話無料!

ドラクエ10旅芸人の立ち回りと使い方まとめ!初心者向けに完全解説

ドラクエ10旅芸人立ち回り

ドラクエ10の職業の一つ「旅芸人」。

攻撃・回復・支援と何でもこなせるオールラウンダー。

最初から転職できる職業として、初心者にも扱いやすくおすすめですね。

 

そんな「旅芸人」の立ち回りや使い方について初心者向けに詳しく解説していきます。

備忘録としてもまとめていますので、これから「旅芸人」を始めてみようと思っている初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

ドラクエ10旅芸人の戦い方と役割

ドラクエ10旅芸人立ち回り

ドラクエ10における「旅芸人」の強みは、行動選択の幅の広さ。

そのときの状況に応じて、臨機応変に行動選択ができるというのが旅芸人の魅力ですね。

そのぶん器用貧乏なイメージがぬぐい切れませんでしたが、ブーメランを装備できるようになったことで大幅に強化されました。

 

ざっと旅芸人の主要スキルを挙げるだけでも、これだけのことが可能です。

  • 「デュアルカッター」による全体攻撃
  • 「たたかいのビート」による全体バイキルト効果
  • 「ハッスルダンス」&「超ハッスルダンス」による全体回復
  • 「エンドオブシーン」による全員の状態異常回復
  • 「ザオラル」による味方蘇生
  • 「デュアルブレイカー」で敵に状態異常付与率アップ
  • 「エボルスライサー」や「ゴッドジャグリング」による追加デバフ効果

 

攻撃・回復・バフ&デバフ。

何でもこなせるので、敵や味方の状況を見ながら行動を選択してきましょう。

 

もちろん、自分以外の味方が攻撃対象となったときには、壁として動くことも意識していきましょう。

壁のやり方がよく分からないという方は、以下の記事をご確認ください。

 

▼ドラクエ10の壁のやり方を徹底解説

ドラクエ10壁やり方 ドラクエ10の壁更新&タゲ下がりのやり方を初心者向けに徹底解説

>>ドラクエ10の壁更新&タゲ下がりのやり方を初心者向けに徹底解説

 

 

旅芸人の立ち回りや使い方を初心者向けに解説

ドラクエ10旅芸人立ち回り

旅芸人を初めて使うという初心者向けに、旅芸人の立ち回りや使い方をまとめていきます。

 

まずは、旅芸人のおすすめ武器ですが、個人的には「ブーメラン」一択だと思っています。

「風斬りの舞」が使用できる扇はともかく、短剣の強みは新しく実装されたブーメランに持っていかれた感があります。

棍に関しても、ブーメランと比較するとダメージ量や補助効果も中途半端で、使いどころが少なくなってしまいました。

 

なので、これから旅芸人を始めるのであればブーメラン装備をおすすめしたいですね。

※当記事では、武器「ブーメラン」による旅芸人の立ち回りや戦い方を紹介しています

 

戦闘開始直後には「たたかいのビート」で味方全員に攻撃力2段階アップのバフをかけましょう。

味方全員に攻撃力アップの効果を付与する他の特技には「風斬りの舞」や「力のタロット」がありますが、「たたかいのビート」はこれら2つにはないメリットもあります。

 

補足
「たたかいのビート」「風斬りの舞」「力のタロット」の違い

 

「風斬りの舞」と比較すると、チャージタイムの短さという点で優位です。

  • たたかいのビート:CT110秒(ブーメランスキル「チャージ時間-20秒」込み)
  • 風斬りの舞:CT140秒

バイキルト効果は120秒で切れてしまうので、たたかいのビートであれば更新なしでバフを維持できます。

 

「力のタロット」はそもそも運の要素が絡まって少々使いづらいところが欠点。

デッキ構築の組み合わせの豊富さゆえに安定性に欠けてしまうところがあります。

 

旅芸人のメイン攻撃手段となるのが「デュアルカッター」。

CTなしで使用することができ、通常攻撃の約2倍のダメージ×2となかなかのダメージ量です。

 

攻撃に転じる場合には、「デュアルブレイカー」で敵に悪い効果をかけやすくし、「エボルスライサー」や「ゴッドジャグリング」につなげていくのがおすすめ

さらに、ブーメランスキルには「状態異常成功率」のパッシブスキルもあるので、より高い確率でデバフをかけやすくなっています。

その他、デュアルブレイカーにより、扇スキルの「花ふぶき」や「スリープダガー」などの追加効果も狙いやすくなりますよ。

そのため、武器を持ち替えるのであれば状態異常を付与する目的が主になると思います。

 

 

味方のHP回復には「ハッスルダンス」と「超ハッスルダンス」を使用。

ブーメランスキルの「特技の回復量+100%」と強力なパッシブスキルがあります。

そのため、「ハッスルダンス」の回復量は、僧侶の聖女の祈り状態でのベホマラーに匹敵

「超ハッスルダンス」にいたっては、味方全員のHPを800前後も回復するほどにまでアップしています。

 

その他、味方蘇生には「ザオラル」。

状態異常の回復には「エンドオブシーン」まで使用できるので、味方の状況を確認しながら対応していきましょう。

 

極めつけに、ブーメランスキルの「チャージ時間-20秒」により、

  • 「超ハッスルダンスⅢ」がCT40秒
  • 「エンドオブシーン」がCT1秒

にまで短縮されるのが強いですね。

 

 

基本的な旅芸人の立ち回りや使い方は、上記のような流れです。

旅芸人は万能職であるため、状況に応じて臨機応変に立ち回ることができるのが魅力です。

そのぶん状況によって使用する特技の優先度も変わりますので、敵や味方の状況を確認しながら行動選択をしていきましょう

慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、扱いやすい職業なのでそこまで時間はかからないと思いますよ。

ぜひ旅芸人をこれから始める初心者の方は、参考にしてみてください。

 

▼旅芸人のおすすめレベル上げ方法はこちら

ドラクエ10レベル上げ 【ドラクエ10】レベル上げ方法一覧!おすすめ経験値稼ぎを完全網羅

>>【ドラクエ10】レベル上げ方法一覧!おすすめ経験値稼ぎを完全網羅

 

 

ドラクエ10ドラマ「ゆうたの」配信中
無料視聴はこちら
ドラクエ10ドラマ「ゆうたの」配信中
無料視聴はこちら