DQ10魔法使いの立ち回りと使い方まとめ!初心者向けに完全解説

ドラクエ10魔法使い立ち回り

ドラクエ10の職業の一つ「魔法使い」。

初心者でも扱いやすく、特定のエンドコンテンツにおいても強力な職業ですね。

 

そんな「魔法使い」の立ち回りや使い方について初心者向けに詳しく解説していきます。

備忘録としてもまとめていますので、これから「魔法使い」を始めてみようと思っている初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

ドラクエ10の魔法使いの戦い方と役割

ドラクエ10魔法使い立ち回り

ドラクエ10における「魔法使い」の役割は、呪文アタッカーです。

呪文攻撃は敵の守備力に関係なくダメージを与えられるので、遠くから強力な呪文で攻撃していくのが主な戦い方となります。

行動自体も非常にシンプルなので、初心者でも扱いやすいおすすめの職業です。

 

基本的には「魔力かくせい」や「早詠みの杖」、「暴走魔法陣」等で準備し、そこから呪文攻撃を連発してダメージを与えていくことが多いですね。

 

「魔法使い」という職業が、ドラクエ10初心者におすすめの理由として、

  • コマンドミスをしてもパーティーが全滅になる危険性は少ない
  • 敵から離れた場所で行動するので、ボス戦での戦い方を学びやすい
  • 敵の範囲攻撃を避ける等の動作が少ない
  • 状態異常も受けにくく、他の職業と比べて耐性装備の必要性が低い

というのが挙げられます。

 

遠くからボスを一方的に攻撃し続けることができるというのが、魔法使いの強みの一つです。

 

 

ドラクエ10魔法使いの立ち回りと使い方を初心者向けに解説

ドラクエ10魔法使い立ち回り

魔法使いを初めて使うという初心者向けに、魔法使いの立ち回りや使い方をまとめています。

※主に「両手杖」をメイン武器とした場合の立ち回りやコツとなっています

 

戦闘開始直後は「魔力かくせい」を使用。

「魔力かくせい」を使用しておくことで呪文攻撃の与ダメージが約2倍にアップします。

魔法使いを使用するうえでは、この「魔力かくせい」は必須です。必ず使用しておくようにしましょう。

 

続いては「早詠みの杖」です。

詠唱時間を-50%してくれるバフ特技で、素早く攻撃呪文を唱えることが可能になります。

※詠唱速度は1秒より短くならないので注意

 

「早詠みの杖」は効果時間が約2分と長く、使い得なバフ特技であることには間違いありません。

ですが、それは効果時間中に死なないことが大前提です。

早詠みの杖を使用して、次のターンに死んでしまったら本末転倒ですからね。

「魔力かくせい」&「早詠みの杖」状態で3ターン以上行動できるという場合には、「早詠みの杖」は有効ですよ。

 

そして、「暴走魔法陣」。

自身の足元に呪文暴走率を25%アップさせる魔法陣を設置します。

攻撃呪文が暴走すると、約1.6倍の与ダメージ増加が見込めますよ。

ただ、こちらも「早詠みの杖」同様に、しばらく生き残る自信があるのみ使用しましょう。

 

また、呪文暴走率アップの効果は魔法陣の上にいる場合のみ発動するので、行動範囲が制限されるデメリットは大きいです。

効果的に暴走魔法陣を使用するなら、パラディン等の壁役が必須ですね。

それ以外の場合は、使用しない方が無難です。

特定場面でのみ有効ですが、「ヘナトス」や「ラリホー」を暴走させるためならアリですね。

 

基本的には「暴走魔法陣」は封印して、「超暴走魔法陣」のみの使用で問題ありません

 

あとは、ボスから離れた位置で「メラゾーマ」や「マヒャド」等の呪文攻撃を使用していきましょう。

 

魔法使いの強みは、遠距離から一方的に攻撃できる点にあります。

敵の動きを観察しやすいので、誰かを壁にして逃げることもできますし敵を中心とした範囲攻撃も容易に回避できますよ。

 

魔法使いの生存率は、最大HPや守備力等のステータスではなく、位置取りよるところが大きいです。

敵の攻撃を避けるのを諦めて固定砲台と化すのではなく、しっかりとキャラを移動させて避けられる攻撃はしっかりと避けていきましょう

たとえ、回避や移動で攻撃できない状態がしばらく続いたとしても、生存し続けることが結果的に戦闘を有利にします。

ましてや、敵の目の前で呪文の詠唱を始めるのは厳禁ですよ。

 

ここらへんの魔法使いの位置取りに関しては、壁の知識が必要です。

ただ突っ立って攻撃呪文を唱えるだけの魔法使いにならないように注意してくださいね。

 

▼ドラクエ10の壁のやり方を徹底解説

ドラクエ10壁やり方 ドラクエ10の壁更新&タゲ下がりのやり方を初心者向けに徹底解説

>>ドラクエ10の壁更新&タゲ下がりのやり方を初心者向けに徹底解説

 

基本的な魔法使いの立ち回りや使い方は、上記のような流れです。

ですが、敵によって特技の優先度も変わりますので、臨機応変に対応していく必要がありますよ。

ぜひ魔法使いをこれから始める初心者の方は、参考にしてみてください。

 

▼魔法使いのおすすめレベル上げはこちら

ドラクエ10レベル上げ 【ドラクエ10】レベル上げ方法一覧!おすすめ経験値稼ぎを完全網羅

>>【ドラクエ10】レベル上げ方法一覧!おすすめ経験値稼ぎを完全網羅