>>【無料出会いサイト】ゲーム&アニメ好きの人限定!

輝石のベルト封印おすすめ完全ガイド!優先順番を初心者向けに解説

ドラクエ10のコンテンツ「王家の迷宮」で入手できる輝石のベルト。

付与される効果が非常に豊富で、どの効果を優先的に封印しておくべきか悩んでしまいますよね?

 

そこで、輝石のベルトの効果を封印するおすすめ順番を初心者向けにまとめています

ぜひ初心者の方は、輝石のベルトを封印する際の参考にしてください。

 

注意
当記事で紹介している輝石のベルトの封印効果は一例ですので、あくまでも参考までに。

メイン職業によっても、封印する細かい優先順番は異なります。

 

▼アクセサリー全種類のおすすめ理論値はこちら

ドラクエ10アクセサリー理論値 ドラクエ10アクセサリー全種類の理論値合成まとめ【最新完全版】

>>ドラクエ10アクセサリー全種類の理論値合成まとめ【最新完全版】

 

 

【輝石のベルト】封印するべき効果のおすすめ優先順番

輝石のベルト封印

輝石のベルトを封印していくおすすめ優先順番は以下の通り。

  1. 一部の特殊効果
  2. 一部を除く攻撃時効果
  3. 一部を除く開戦時効果
  4. 一部を除く各種耐性

 

輝石のベルトのおすすめ封印順番①一部の特殊効果

「戦闘勝利時効果」や「ダメージ反射」等は正直いりません。

真っ先に封印しても問題ない効果かと思います。

 

▼一部の特殊効果【封印対象】

封印効果 封印個数
戦闘勝利時HP回復 1
戦闘勝利時MP回復 2
ダメージ10%反射 3

 

輝石のベルトのおすすめ封印順番②一部を除く攻撃時効果

「攻撃時効果」の発動確率は最大でも4%。

しかも、付与する状態異常によってはサポが敵に攻撃しなくなるので少し厄介な場合もあります。

 

汎用性があり、多くのコンテンツで有用な「攻撃時ルカニ」と「攻撃時ヘナトス」以外は封印してしまって問題ないでしょう。

 

▼攻撃時効果【封印対象】

封印効果 封印個数
攻撃時幻惑 4
攻撃時眠り 5
攻撃時混乱 6
攻撃時マヒ 7
攻撃時毒 8
攻撃時猛毒 9
攻撃時マホトーン 10
攻撃時魅了 11
攻撃時ぶきみなひかり 12
攻撃時魔導の書 13
攻撃時テンションダウン 14
攻撃時マホ系解除 15
攻撃時リホ系解除 16

 

輝石のベルトのおすすめ封印順番③一部を除く開戦時効果

開戦時効果は発動タイミングが一度きりですし、なかには使いどころの少ない効果が多くあります。

汎用性の高く、どの職業でも使いやすい

  • 開戦時ピオラ
  • 開戦時キラキラポーン
  • 開戦時聖女の守り
  • 開戦時天使の守り
  • 開戦時必殺チャージ

以外は封印してしまって良いですよ。

 

▼開戦時効果【封印対象】

封印効果 封印個数
開戦時バイシオン 17
開戦時リホイミ 18
開戦時マホキテ 19
開戦時マホトラのころも 20
開戦時メイクアップ 21
開戦時会心率上昇 22
開戦時盾ガード率上昇 23
開戦時ためる 24
夜開戦時ためる 25

 

輝石のベルトのおすすめ封印順番④一部を除く各種耐性

各種状態異常の耐性は最大でも10%。

今ではアクセサリーや宝珠で簡単に補うことができるので、封印対象です。

「各弱体系耐性」も10%だと恩恵を感じにくいので、思い切って封印して良いでしょう。

 

▼耐性装備のおすすめ組み合わせはこちら

ドラクエ10耐性装備 ドラクエ10耐性装備おすすめ情報!汎用的な組み合わせを初心者向けに解説

>>ドラクエ10耐性装備おすすめ情報!汎用的な組み合わせを初心者向けに解説

 

唯一「魅了ガード」だけは装備品の練金効果で付与させることができないので、封印せず残しておくのもありだと思います。

 

▼各種耐性【封印対象】

封印効果 封印個数
眠りガード 26
混乱ガード 27
マヒガード 28
幻惑ガード 29
封印ガード 30
毒ガード 31
呪いガード 32
即死ガード 33
しばりガード 34
おびえガード 35
転びガード 36
踊らされガード 37
ふっとびガード 38
MP吸収ガード 39
各弱体系耐性 40

 

これで、輝石のベルトの封印上限である40個の効果を封印完了です!

 

 

輝石のベルトのおすすめ封印効果まとめ

輝石のベルト封印

輝石のベルトの封印効果は、「戦闘勝利時効果」&「ダメージ10%反射」を最優先で封印しておきましょう。

戦闘勝利時効果はボス戦では一切使えませんし、戦闘勝利時MP回復に至っては「勝ちどきMP回復」の方が有用です。

「ダメージ10%反射」も低確率かつ低ダメージなので、これにベルトの効果1枠使うのはもったいないですね。

 

 

次に輝石のベルトで封印すべき効果は「攻撃時効果」です。

敵に付与される状態異常によってはサポが攻撃しなくなるので、逆に邪魔になることがあります。

それよりも付けたい効果があるので、封印してしまって良いでしょう。

 

 

その次に輝石のベルトで封印しておきたい効果が「開戦時効果」。

使いどころの少ないものや限定的な効果のものは封印してしまいましょう。

一部の汎用性の高い攻撃時効果は封印せず残しておいて良いと思いますよ。

 

 

最後に輝石のベルトで封印する効果が「各種耐性」。

最大でも10%と少なく、現在はアクセサリーや宝珠で充分補うことができるので、これらも封印対象です。

唯一「魅了ガード」だけは付与しづらい耐性なので、封印せず残しておくのがおすすめですね。

 

ただ、まだアクセサリー理論値が完成していなかったり宝珠集めが終わっていなかったりする初心者の方もいると思いますので、封印の優先順位は低めです。

 

▼アクセサリー全種類のおすすめ理論値はこちら

ドラクエ10アクセサリー理論値 ドラクエ10アクセサリー全種類の理論値合成まとめ【最新完全版】

>>ドラクエ10アクセサリー全種類の理論値合成まとめ【最新完全版】

 

 

上記で掲載している輝石のベルトの効果をすべて封印すれば、封印上限である40個ちょうどとなります。

 

輝石のベルトは、戦神のベルトと比較すると劣等なイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、戦神のベルトには付かない輝石のベルト限定の効果もあります。

王家の迷宮は「おでかけ便利ツール」でも行うことができるので、まだ輝石のベルトの封印が終わっていない人は参考にしてみてください。

 

▼戦神のベルトのおすすめ封印効果はこちら

戦神のベルト封印 戦神のベルト封印おすすめ完全ガイド!優先順番を初心者向けに解説

>>戦神のベルト封印おすすめ完全ガイド!優先順番を初心者向けに解説

 

 

ドラクエ10ドラマ「ゆうたの」無料配信中
無料視聴はこちら
ドラクエ10ドラマ「ゆうたの」無料配信中
無料視聴はこちら