>>今だけDQ10ドラマ「ゆうたの」が全話無料!

ドラクエ10釣り竿&ルアーおすすめガイド!初心者向けに解説

ドラクエ10釣り竿おすすめ

ドラクエ10のコンテンツの一つ「釣り」。

魚を釣り上げることで、

  • 交換屋でお魚コインと交換でき、アイテムを入手できる
  • 自宅の水槽に釣った魚を入れられる
  • 釣りあげた種類に応じて景品がもらえる

といったメリットがあります。

 

そんな「釣り」を行うためには、釣り道具として「釣り竿」と「ルアー」が必要ですね。

さまざまな種類がある釣り竿とルアーですが、一体どれを購入すれば良いのか初心者は迷ってしまいがち。

そこで、ドラクエ10のおすすめ釣り竿&ルアーを紹介していきます。

 

記事の最後には、大物を低レベルで釣り上げるコツも掲載していますので、参考にしてみてください。

 

▼1匹釣り上げれば最大経験値4万!

ドラクエ10釣りレベル上げ ドラクエ10釣りレベル上げ方法!おすすめ経験値稼ぎを完全網羅

>>ドラクエ10釣りレベル上げ方法!おすすめ経験値稼ぎを完全網羅

 

 

ドラクエ10釣り竿のおすすめは「氷の釣り竿改」一択!

ドラクエ10釣り竿おすすめ

まずは、ドラクエ10で実装されている釣り竿全種類を一覧にまとめます。

釣り竿 装備可能レベル 効果
じょうぶな釣り竿 レベル1~ なし
きれいな釣り竿 レベル5~ なし
炎の釣り竿 レベル10~ 「炎の力でひく」が使える
氷の釣り竿 レベル10~ 「氷の力でひく」が使える
闇の釣り竿 レベル10~ 「闇の力でひく」が使える
炎の釣り竿改 レベル15~ 「炎の力でひく」が使える
氷の釣り竿改 レベル15~ 「氷の力でひく」が使える
闇の釣り竿改 レベル15~ 「闇の力でひく」が使える
きせきの釣り竿改 レベル15~ 「きせきの力でひく」が使える

 

それぞれの釣り竿効果の詳細は以下の通り。

釣り竿効果 説明
炎の力でひく 通常の約120%の会心率&2.5~3.0倍の力で魚を引き寄せる
氷の力でひく 通常の1.7倍の力で魚を引き寄せる。
魚を凍らせて4~5ターンの間、行動不能にしテンションを解除。
魚が凍結中は引き寄せる力が通常の半分になる。
闇の力でひく 4~7ターンの間、一定確率で魚を行動不能にし、テンションを解除。
魚がテンションを上げると、闇の力が解除される。
きせきの力でひく 通常の1.0~1.7倍の力で魚を引き寄せ、引き寄せたメートル分くいつき度を回復する。
※小数点以下は繰り上げ
さらに、竿をゆるめる回数を1~3回復。

 

これらの釣り竿の中で、最もおすすめなのは「氷の釣り竿改」です。

というのも、氷の釣り竿改があれば、釣りレベルが低くてもほぼ全ての魚を釣り上げることが可能だから。

なので、「氷の釣り竿改」が装備できるレベル15まで上げてしまえば、大抵の魚は釣れてしまいます。

 

中型程度の魚であれば、「氷の釣り竿」でも十分釣り上げることが可能ですよ。

 

ととのまる

「氷の釣り竿」&「氷の釣り竿改」が最強!

釣りレベル15まで上げれば、ほぼ全ての魚を釣り上げられるぞ

 

ドラクエ10ルアーのおすすめは「天使のルアー」

ドラクエ10ルアーおすすめ

続いては、ドラクエ10のルアーですね。

こちらもルアー全種類を一覧にまとめています。

ルアー 装備可能レベル 効果
ぎんのルアー レベル1~
プラチナルアー レベル5~
マデュライトルアー レベル10~
天使のルアー レベル15~ くいつき度がなくなったとき、一度だけくいつき度5~30で復活する。
トゲトゲルアー レベル15~ 魚が暴れても2回までくいつき度が減らない。
3回目以降は約30%の確率で食いつき度が減らない。
やいばのルアー レベル15~ 魚が暴れたときに減少したくいつき度分だけ魚を引き寄せる。
竿をゆるめていた場合の暴れはノーカウント。

 

これらのルアーの中で最もおすすめなのが「天使のルアー」

くいつき度が無くなってしまっても、一度だけ復活できるというのが強いですね。

この「天使のルアー」と「氷の釣り竿改」を組み合わせれば、ほぼ全ての魚を釣り上げられます。

 

中型以下の魚を釣り上げるなら、「マデュライトルアー」でも十分でしょう。

 

ととのまる

「氷の釣り竿改」と「天使のルアー」が最強の組み合わせ!

 

 

ドラクエ10釣りで大物の魚を釣るコツまとめ

ドラクエ10釣り竿おすすめ

ドラクエ10の釣りで「氷の釣り竿改」と「天使のルアー」を使って、どのように大物の魚を釣り上げるのかを説明していきますね。

 

用意するのは「氷の釣り竿改☆3」と「天使のルアー」です。

ドラクエ10の釣りは「会心ゲー」と言っても過言ではありません。

低レベルで大物を釣り上げる際には、少しでも会心率を上げておきたいので釣り竿はできるだけ良いものを用意しましょう。

 

実際にドラクエ10の釣りで大物の魚を釣り上げる際の手順は以下の通り。

  1. くいつき度を10以下に調整する
  2. 「氷の力でひく」で、魚の凍結が溶けるまで引き続ける
  3. 魚の凍結が溶けたら「全力でひく」で一気に釣り上げる

以下で詳しく解説していきますね。

 

ドラクエ10釣りで大物の魚を釣るコツ①くいつき度を10以下に調整

まずはくいつき度が10以下になるように上手く調整していきます。

なぜくいつき度を10以下にする必要があるのかと言うと、実はくいつき度が10以下になると会心率が上昇するという仕様があるのです。

 

先述しましたが、ドラクエ10の釣りは「会心をいかに出すか」が非常に重要です。

なので、このくいつき度の調整は必須

魚の行動を見ながら、くいつき度が10以下になるように上手く調整していきましょう。

 

具体的には「ひく」と「ゆるめる」を使い分けながら、くいつき度を調整します。

魚の暴れでどのくらいくいつき度が減少するかを見ながら、ゆるめるを活用して調整していきましょう。

大型の魚のテンションが上がった状態での暴れは、ほぼ一撃で食いつき度を全て持っていかれるので、竿をゆるめて回避してください。

 

ドラクエ10釣りで大物の魚を釣るコツ②氷の力でひく

くいつき度を10以下になるように調整できたら、いよいよ「氷の力でひく」の出番。

魚を凍結させ4~5ターンの間、行動不能にします。

 

魚が凍結中は引き寄せる力が半分に落ちてしまうというデメリットがありますが、実は会心の場合は通常時の会心時と同程度の距離で引き寄せることができるんです。

なので、魚が凍結中にいかに会心を出せるかという勝負になるわけですね。

これがドラクエ10の釣りを会心ゲーと呼んでいた理由になります。

 

くいつき度を10以下に調整していたのも、すべては魚が凍結中に会心を出す確率を上げるためですね。

 

ドラクエ10釣りで大物の魚を釣るコツ③全力でひく

魚の凍結が溶けたという旨のメッセージが表示されたら、最後に「全力でひく」で一気に魚を釣り上げましょう。

上手く魚の凍結中に会心を出すことができていれば、これで魚を釣り上げることができるはずです。

 

万が一、会心の回数が足りずにギリギリ釣り上げきれなかった場合でも、天使のルアーのおかげでもう一度引き寄せるチャンスが残っています。

天使のルアーを装備させていたのは、このための保険ですね。

 

天使のルアーはくいつき度5~30で復活するので、序盤のくいつき度の調整が上手くいかなかった場合でも、ワンチャンくいつき度10以下の状態で復活する可能性もありますよ。

 

ドラクエ10釣り竿&ルアーおすすめまとめ

ドラクエ10釣り竿おすすめ

大型の魚を釣り上げるなら、以下の釣り道具がおすすめ。

  • 氷の釣り竿改
  • 天使のルアー

 

中型以下の魚を釣り上げるなら、以下の釣り道具でも十分でしょう。

  • 氷の釣り竿
  • マデュライトルアー

 

釣り道具はバザーの値段も結構高いものです。

どの魚を釣り上げるのかで、装備する釣り道具を変更して節約するのも良いですね。

 

 

ドラクエ10ドラマ「ゆうたの」配信中
無料視聴はこちら
ドラクエ10ドラマ「ゆうたの」配信中
無料視聴はこちら