>>【無料出会いサイト】ゲーム&アニメ好きの人限定!

【ドラクエ】ロトシリーズのストーリーネタバレ!時系列の順番に徹底解説

ドラクエロトシリーズ

これまで数多く発売されてきたドラクエのナンバリングタイトル。

そのなかでも、1作目から3作目は「ロト三部作」「ロトシリーズ」と呼ばれ、根強い人気を誇っています。

この「ロトシリーズ」に分類される3作品は、実はストーリーに繋がりがあるんですね。

 

ロトシリーズを時系列順に並べ替えると、「3→1→2」の順番。

このロトシリーズの時系列は、公式がはっきりと名言しているものです。

 

そんなロトシリーズのストーリーネタバレを時系列順に徹底解説していきます。

ドラクエシリーズの中でもロト三部作はかなり古い作品ですので、プレイするほどでもないけどストーリーは知りたいという人は参考にしてください。

 

ととのまる

ちなみに、ドラクエ11を含めるとロトシリーズの時系列は「11→3→1→2」

その詳しい根拠は「ドラクエ全シリーズの時系列&時間軸を考察!初心者向けに分かりやすく解説」にて掲載していますので、合わせてご覧ください。

 

 

【ドラクエ】ロトシリーズのストーリーネタバレまとめ

ドラクエのロトシリーズに分類されている「ドラクエ1」「ドラクエ2」「ドラクエ3」のストーリーネタバレを簡単にまとめています。

注意
ロトシリーズのストーリーネタバレを大いに含みます。

未プレイの方はあらかじめご了承ください。

過去にプレイ済みの方は、ロトシリーズのストーリーをおさらいしてみてくださいね。

 

【ロトシリーズ】ドラクエ1のストーリーネタバレ

【ドラクエ1のストーリー】

 

数百年前、アレフガルドの地は大魔王の手によって闇に閉ざされていたが、伝説の勇者・ロトの活躍により大魔王は倒され、光の玉によって他の魔物も封印された。

それ以来、アレフガルドは魔物のいない平和な世界となった。

 

しかし、その数百年後に平和な日々が続いていたアレフガルドに再び悲劇が訪れる。

アレフガルドを統治していたラダトームに保管されていた光の玉が、「竜王」という魔王によって奪われてしまったのだ。

これにより、魔物の封印が解け、アレフガルドは再び魔物がはびこる世界と化してしまう。

さらに時を同じくして、ラダトームの国王ラルス16世の娘、ローラ姫も魔物にさらわれてしまった。

 

多くの勇敢な冒険者たちが竜王に戦いを挑むが、生きて帰ってきた者はいない。

 

そんななか、1人の預言者が口を開く。

「やがて、このアレフガルドの地に、伝説の勇者・ロトの血を引く者が現れる。その者こそが竜王を滅ぼすであろう。」

そして、その予言通り、1人の勇者が現れた。

勇者はラダトームの国王・ラルス16世の命により竜王を倒す冒険へと旅立つ。

 

【ロトシリーズ】ドラクエ2のストーリーネタバレ

【ドラクエ2のストーリー】

 

竜王を倒したロトの血を引く勇者は、ローラ姫とともに新たな地を訪れ、そこに王国を築いた。

その国の名は王妃の名から「ローレシア」と命名。

 

やがて、ロトの血を引く勇者とローラ姫は、3人の子供を授かることになる。

そして勇者は自分の3人の子供に1つずつ国を分け与えるため、国を3つに分割した。

  • ローレシア
  • サマルトリア
  • ムーンブルク

この3国は、勇者とローラ姫の子孫によって受け継がれていく。

 

それから100年後、平和が続いていたこの地にも遂に悲惨な事態が起きる。

魔物の軍勢によって、王国の1つ「ムーンブルク」が滅ぼされてしまった。

魔物の軍勢を統率しているのは、邪教の大神官・ハーゴン。

 

「このままではムーンブルク同様に、ローレシアやサマルトリアまで滅ぼされてしまう。」

それを危惧したローレシアの王子は、ハーゴン討伐の旅に出る。

 

主人公は、旅の途中で同じロトの子孫である「サマルトリア王子」と「ムーンブルク王女」を仲間にし、3人で大神官ハーゴンを倒すための冒険を進める。

 

 

【ロトシリーズ】ドラクエ3のストーリーネタバレ

【ドラクエ3のストーリー】

 

この世に世界征服を企てる魔王が現れた。

その魔王の名はバラモス。

バラモスによって、世界が滅ぼされることを恐れたアリアハン王は、勇者・オルテガにバラモス討伐を命じた。

オルテガはバラモスを倒すための冒険に出たが、旅の途中で命を落としてしまったという知らせが届く。

 

それから十数年後、アリアハン王にバラモスの討伐を申し出る1人の若者が現れた。

その若者こそ、オルテガの子供。

父の意志を受け継ぎ、バラモスを倒すために仲間を率いて旅立つ勇者。

 

やがて勇者は「6つのオーブ」を集め、伝説の不死鳥「ラーミア」を復活させる。

ラーミアの背に乗り、バラモスの城へと乗り込んだ。

そして、見事バラモスの討伐に成功する。

 

しかし、喜びも束の間。

真の黒幕である「大魔王ゾーマ」の存在が明らかとなった。

このゾーマを倒すため、再び旅立った勇者は「ギアガの大穴」を飛び下り、アレフガルドと呼ばれる世界に降り立つ。

その世界はゾーマによって深い闇に閉ざされていた。

 

紆余曲折を経てゾーマのもとへとたどり着いた勇者は、そこで死んだとされていたオルテガと再会する。

まもなく息絶えたオルテガの想いを胸にゾーマとの最終決戦に向かう。

 

ゾーマを倒すと、竜の女王から授かった光の玉から光が溢れ出し、世界のすべての魔物が封印された。

これにより、アレフガルドに平和が訪れる。

 

しかし、ゾーマを倒したことで「ギアガの大穴」は閉ざされてしまい、勇者は元の世界に戻ることができなくなってしまった。

その後、勇者はその勇敢な功績をたたられ、「ロト」という称号を与えられた。

以後、「伝説の勇者・ロト」として後世に語り継がれることとなる。

 

ちなみに、ドラクエ3とドラクエ1の間を描いた漫画「ロトの紋章」もぜひ読んでみてください!

ドラクエの漫画作品でもトップクラスに面白い作品ですよ!

 

▼ロトの紋章の全巻セットを激安購入

ロトの紋章完全版全巻 ロトの紋章完全版全巻セット最安値比較!まとめ買い激安店はこちら

>>【ロトの紋章完全版】全巻セット最安値はこちら!まとめ買い激安店を比較

 

 

【ドラクエ】ロトシリーズの内容を時系列順番に解説

公式が名言しているように、ロトシリーズの時系列は「3→1→2」の順番となっています。

先述したストーリーを時系列順番に並び替えて読み直すと、いろいろな繋がりが見えてくるはずです。

 

さらに、ロトシリーズのストーリーをもっと深堀りしていきましょう。

ロトシリーズを解説するうえでは、欠かせない3つの要素があります。

  • ロトの勇者
  • ロト装備
  • 世界地図

 

ロトシリーズ解説①ロトの勇者

ドラクエの1作目から3作目は「ロトシリーズ」と呼ばれています。

「ロト」と名が付くだけあって、ロトの勇者と非常に関連が深い内容になっているんですね。

 

ドラクエをプレイしている人でも、「ロトの勇者って聞いたことあるけど、何のことか分からない」という人は結構多いです。

ロトシリーズそれぞれの作品における「ロトの勇者」とは一体誰なのかを見ていくと、

  • ドラクエ1では、ドラクエ3の勇者が伝説の勇者・ロトとして語り継がれている
  • ドラクエ2では、ドラクエ1の勇者が伝説の勇者・ロトとして語り継がれている
  • 外伝作品「キャラバンハート」では、ドラクエ2の勇者たちが伝説の勇者・ロトとして語り継がれている

となっています。

つまり、ロトシリーズの主人公たちは全員「ロトの勇者」なんですね。

 

ととのまる

「ロトシリーズ」という名称におけるロトとは、ドラクエ3の勇者だけでなく、その先祖や子孫を含めた概念である「ロトの勇者」を意味するよ!

なので、「ロト=かつての勇者」という認識でOK!

 

ロトシリーズ解説②ロト装備

「ドラクエ1」と「ドラクエ2」には、かつてロトの勇者が装備していたという「ロト装備」が存在しています。

ドラクエ3の勇者が後に「伝説の勇者・ロト」と呼ばれるようになり、そのとき身に付けていた装備は「ロト装備」と称されるようになります。

ドラクエロトシリーズ

 

さらに、それを裏付ける証拠がこちら。

▼リメイク版「ドラクエ3」のエンディング画面

ロトシリーズ

ロトシリーズ

ロトシリーズ

 

このように、ドラクエ3の勇者が身に付けていた装備は「ロト装備」とされ、数百年後の「ドラクエ1」や「ドラクエ2」の世界にも登場するのです。

 

ロトシリーズ解説③世界地図

ロトシリーズの時系列をさらに裏付けるのが「世界地図」です。

ロトシリーズ3作品それぞれの舞台となる世界地図を紹介していきますね。

 

まずは、ドラクエ3の世界地図をご覧ください。

ドラクエ3は序盤は上の世界を冒険し、バラモス討伐後の終盤は下の世界(アレフガルド)を冒険するという流れになります。

 

▼ドラクエ3の世界地図(上の世界/ガイア)

ロトシリーズ
出典:game8.jp

 

▼ドラクエ3の世界地図(下の世界/アレフガルド)

ロトシリーズ
出典:game8.jp

 

ゾーマ討伐後は2つの世界を繋ぐ「ギアガの大穴」が塞がってしまい、勇者はアレフガルドに取り残されてしまうのです。

しかし、勇者はその功績をたたえられ、伝説の勇者・ロトとしてアレフガルドで後世に語り継がれます。

 

 

次は、ドラクエ3の世界から数百年後の「ドラクエ1」の世界地図を見て見ましょう。

 

▼ドラクエ1の世界地図(アレフガルド)

ロトシリーズ
出典:kamigame.jp

 

ドラクエ3の下の世界とかなり地形が似通っており、現存している町の名前も同じですね。

さらに、ドラクエ3をプレイしてみると

  • ドラクエ1ではすでに亡くなっている詩人・ガライが生きている
  • ドラクエ1ではすでに滅ぼされていたドムドーラの町が無傷

となっており、ドラクエ3はドラクエ1よりも前の時系列ということも分かります。

 

 

さらに、数百年後のドラクエ2の世界地図がこちら。

 

▼ドラクエ2の世界地図(アレフガルド)

ロトシリーズ
出典:kamigame.jp

 

赤い枠で囲まれている箇所が、ドラクエ3やドラクエ1での冒険の舞台です。

ドラクエ2の世界でも「ラダトーム」や「竜王の城」が存在しています。

 

ととのまる

これらのことから、ロトシリーズの時系列は「3→1→2」であることが分かるね!

 

 

さらにロトシリーズをもっと深堀りしていくと、「ドラクエ11」はドラクエ3よりも前の時系列であるとされています。

ドラクエ全シリーズに関する時系列の考察は、以下の記事にまとめていますので合わせてご覧いただくと理解がより深まるはずですよ!

 

▼ドラクエシリーズの時系列&時間軸まとめ

ドラクエ時系列 ドラクエ全シリーズの時系列&時間軸を考察!初心者向けに分かりやすく解説

>>ドラクエ全シリーズの時系列&時間軸を考察!初心者向けに分かりやすく解説

 

 

【完全無料】ゲーム好き限定のマッチングサイト
登録体験記はこちら
【完全無料】ゲーム好き限定のマッチングサイト
登録体験記はこちら