デスマスターの立ち回りと使い方まとめ!初心者向けに完全解説

デスマスター立ち回り

ドラクエ10の職業の一つ、「デスマスター」。

バージョン5.0で新たに実装された最新職業ですので、これから初めて使うという人も多いのではないでしょうか。

 

そんなデスマスターの立ち回りや使い方について、初心者向けに解説していきます。

備忘録としてまとめていますので、これから「デスマスター」を始めてみようと思っている初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

 

▼デスマスター各種宝珠の入手方法一覧はこちら!

デスマスター宝珠 デスマスターの宝珠入手方法を完全網羅!ドロップモンスターまとめ

>>デスマスターの宝珠入手方法を完全網羅!ドロップモンスターまとめ

 

 

デスマスターの戦い方と役割

デスマスター立ち回り

ドラクエ10におけるデスマスターは、さまざまな戦闘シーンで活躍が見込める汎用性の高いオールラウンダータイプの職業といった印象です。

  • 範囲回復&蘇生の「ベホマラー」「反魂の秘術」が使える
  • 魔力覚醒やバイキルト等を付与して強化蘇生できる
  • 「死霊召喚」で呼び出す死霊によって、攻守に対応できる
  • 物理攻撃・呪文攻撃の二刀流

 

戦う相手に合わせて戦闘スタイルを大きく変えることができるので、一つの職業でさまざまな楽しみ方ができるというのがデスマスターの魅力ですね。

 

 

デスマスターの立ち回りや使い方を初心者向けに解説

デスマスター立ち回り

デスマスターを初めて使うという初心者向けに、デスマスターの立ち回りや使い方をまとめています。

 

バージョン5.0で新たに追加された武器種「鎌」を装備したデスマスターの立ち回りや戦い方を掲載しています。

あくまでも一例として挙げていますので、他にもっと良い立ち回りがあるかもしれません。ご了承ください。

 

 

基本的には戦闘開始時には、「死霊召喚」で死霊を呼び出します。

天地雷鳴士と同じく、呼び出す死霊によってタイプが異なりますので、状況に合わせて呼び出す死霊を選択しましょう。

  • がいこつ種:物理攻撃に特化
  • ゴースト種:呪文攻撃に特化
  • よろいのきし種:盾と補助に特化

 

天地雷鳴士との違いは、死霊にHPが設定されているということ。

敵の攻撃で死霊が倒される場合があります。

もちろん時間経過でも消滅しますので、ご注意ください。

 

個人的には最初に呼び出す死霊は「よろしのきし」がおすすめ

「ベホマラー」や「ザオラル」といった回復呪文、「バイキルト」や「かばう」等の補助が充実しているので、戦闘が非常に安定します。

特に戦闘開始後のバフに注力したい場面では、非常に頼りになりますよ。

 

デスマスターの真骨頂は、デスパワーによる強力なスキルです。

そのため、戦闘序盤は死霊召喚を行い、「血吸いの守り」等で武器ガード率を高めつつ、デスパワーを貯めていきましょう

デスパワーは、敵味方問わず戦闘中に誰かが倒されると徐々に溜まっていき、最大4段階まで貯まります。

 

能動的に「呪詛」や「大呪詛」でデスパワーを貯められる他、「サクリファイス」で呼び出した死霊を爆発させて範囲ダメージを与えつつデスパワーを貯めることも可能です。

呼び出した死霊のHPが少なくなってきたら、積極的に「サクリファイス」で爆発させつつデスパワーを貯めるのも良いですね。

 

デスパワーを消費することで、自身や死霊を強化する等の強力なスキルを使用することができますよ。

デスパワーが多いほど、使用できるスキルも増えていきますので、積極的にデスパワーを貯めていきましょう。

 

また、デスマスターには

  • 魔力解放の効果を担う「深淵の契り」
  • バイシオンの効果を担う「ハデスの宴」

の2種類があり、攻撃力&攻撃魔力の強化を行うことができます。

 

個人的にはこれらの強化を切り替えながら、常にバフを維持して戦うのが強いのではないかと感じています。

「事象反転」で攻撃力アップと攻撃魔力アップを効果を入れ替えつつ、バフを維持して攻撃していきましょう。

 

「深淵の契り」で攻撃魔力がアップしている場合には「マヒャデドス」や「ベギラゴン」。

「ハデスの宴」で攻撃力がアップしている場合には「厄災の滅撃」→「冥王のかま」→「魂狩り」で攻撃していきます。

 

「厄災の滅撃」は敵に悪い効果にかかりやすくする効果があります。「デュアルブレイカー」に近い効果ですね。

そこから「冥王のかま」による転び効果で敵をダウンさせたところに、すかさず「魂狩り」で一気に大ダメージを与えられます。

「冥王の滅撃」には、敵にデバフを与える効果もありますので、「災いの斬撃」によるダメージアップも期待できますよ。

 

物理攻撃に関しては起点となる特技がチャージ特技なので、基本的には呪文がメインウェポンになりそうです。

なので、どちらかといえば攻撃力よりも攻撃魔力を意識した装備の方が良いかもしれません。

 

 

「死霊召喚」で死霊を呼びつつ、デスパワーを貯めていく。

貯まったデスパワーを消費し、自身や死霊を強化した状態を維持して戦うというのがデスマスターの基本的な立ち回りになります。

危険なときには「ベホマラー」や「反魂の秘術」で回復&蘇生も行えますので、臨機応変に立ち回れるのがデスマスターの強いところですね。

 

 

その他のデスマスターの細かい立ち回りや使い方に関しては、近日中に追記致します。

今しばらくお待ちください。

 

▼デスマスターのおすすめレベル上げはこちら!

ドラクエ10レベル上げ 【ドラクエ10】レベル上げ方法一覧!おすすめ経験値稼ぎを完全網羅

>>【ドラクエ10】レベル上げ方法一覧!おすすめ経験値稼ぎを完全網羅

 

▼デスマスター各種宝珠の入手方法一覧はこちら!

デスマスター宝珠 デスマスターの宝珠入手方法を完全網羅!ドロップモンスターまとめ

>>デスマスターの宝珠入手方法を完全網羅!ドロップモンスターまとめ

 

 

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。