>>【無料出会いサイト】ゲーム&アニメ好きの人限定!

ドラクエ10大富豪のやり方&ルールまとめ!初心者向けに勝つコツを解説

ドラクエ10大富豪

ドラクエ10のコンテンツ「大富豪」のやり方&ルールを初心者向けにまとめています

大富豪で勝つコツについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ドラクエ10大富豪のやり方&ルールまとめ

ドラクエ10大富豪

ドラクエ10大富豪の始め方は、娯楽島ラッカランのカジノ付近にいるNPC・大富豪協会員プゴルに話しかけること

最初に話しかけると、大富豪をプレイするのに必要なアイテム「トランプケース」を入手できます。

これで大富豪を遊ぶ準備は完了。

いつでもドラクエ10でトランプゲーム「大富豪」をプレイすることができますよ。

※大富豪プレイ中は元気玉や料理の効果は一時停止しますが、修練の心得の残り時間は経過するので注意

 

ドラクエ10大富豪の基本的なルール

ドラクエ10大富豪は4人でプレイするトランプゲームです。

実際に存在するトランプゲームなので、プレイしたことがある人も多いかもしれませんね。

 

初めにプレイヤー全員にトランプを配り、早く手札のカードをすべて出し切ったプレイヤーから勝ち抜けしていきます。

1番早く手札を出し切ったプレイヤーから「大富豪」「富豪」「貧民」「大貧民」というランク(位)が与えられ、次のゲームに引き継がれながらゲームを進めていきますよ。

1ゲームごとの順位に応じて勝ち点を獲得し、全ゲーム終了時の勝つ点の合計によって最終順位が決定します。

※「段位戦」の場合は1プレイ4ゲームで固定

 

▼大富豪の勝ち点一覧

大富豪 富豪 貧民 大貧民
1ゲーム目 30 20 10 5
2ゲーム目 35 22 10 5
3ゲーム目 40 25 10 5
4ゲーム目 50 30 10 5

 

ドラクエ10大富豪は数字によって、カードの強さが異なります。

3が最も弱く、2が最強。

「2」を上回る強さを誇る唯一のカードが「ジョーカー」です。

最強カードとしても使えますし、他のカードの代用としても使えるオールマイティーな強さを持つカードですね。

ととのまる

カードの強さは、

ジョーカー>2>1>12>11>10>9>8>7>6>5>4>3

 

ここからは実際に、ドラクエ10大富豪のゲーム手順を見ていきましょう。

  1. 1番最初にカードを出す人を決める
  2. カードを場に出す
  3. 次の人は場に出ているカードよりも強いカードを出せる
  4. 出せるカードがない、もしくは出したくないときはパス
  5. 全員がパスをした場合は場のカードが流れ、最後に場にカードを出した人が再び好きなカードを場に出す。
  6. 手札がすべてなくなった人から勝ち抜け
  7. 勝ち抜けした人からランク付け
  8. 2ゲーム以降では直前のランク間でカードを交換

 

①一番最初にカードを出す人を決める

カードを全員に配り終わったら、一番最初にカードを出す人を決めます。

ドラクエ10大富豪では「ダイヤの3」を持っている人から好きなカードを出してゲームスタートです。

 

2ゲーム目以降は、前回のゲームで「大貧民」となった人からカードを出します。

 

②カードを場に出す

最初にカードを出すことになった人は、手札から好きなカードを選んで場に出します。

 

③次の人は場に出ているカードより強いカードを出せる

最初にカードを出した人から時計回りにカードを出していきます。

このときに出せるカードは、場に出ているカードよりも強いカードのみです。

 

例えば、場に「10」のカードが出ている場合は、11~2もしくはジョーカーを出すことができます。

 

④出せるカードがない、もしくは出したくないときはパス

場に出ているカードよりも強いカードがない場合や今は出したくないときは「パス」をすることができます。

パスの数に制限はなく、パスは何回でも行うことができます。

 

パスをした場合は、次の人にカードを出す権利が移動します。

 

⑤全員がパスをした場合は場のカードが流れ、最後に場にカードを出した人が再び好きなカードを場に出す

全員がパスをした場合、最後にカードを場に出した人は再び手札から好きなカードを場に出せます。

以降は、全員の手札がなくなるまで繰り返し。

  1. 次の人がより強いカードを場に出す
  2. 出せるカードがない、もしくは出したくない人はパス
  3. 全員がパスしたら、最後にカードを場に出した人が再びカードを場に出す

 

⑥手札がすべてなくなった人から勝ち抜け

手札がすべてなくなった人から勝ち抜けしていきます。

以降は残ったプレイヤーでカードを出し合っていき、このゲームでの順位を決定させます。

 

⑦勝ち抜けした人からランク付け

一番早く手札がなくなった人から順番に「大富豪」「富豪」「貧民」「大貧民」とランク付けをしていきます。

このランクによって、それぞれ勝ち点を獲得できます。

 

⑧2ゲーム以降では直前のランク間でカードを交換

ドラクエ10大富豪の一番の醍醐味はここです。

2ゲーム以降では、前回のゲームで付けられたランクに応じて、手札が配られた直後にカードの交換を行います

  • 大富豪:手札からいらないカード2枚を「大貧民」に渡す
  • 富豪:手札からいらないカード1枚を「貧民」に渡す
  • 貧民:手札から最も強いカード1枚を「富豪」に渡す
  • 大貧民:手札から最も強いカード2枚を「大富豪」に渡す

 

これにより、富豪はより裕福に手札が強くなり、貧民はますます貧しく手札が弱くなりますね。

まさに、資本主義社会を物語るトランプゲームというわけです。

ととのまる

全ゲーム終了時に、最終的な勝ち点の合計が最も多かったプレイヤーが勝利

 

しかし、ドラクエ10大富豪というゲームはカード単体の強さだけで勝敗が決まるものではありません。

カードは1枚だけでなく、同じ数字であれば複数枚のセットで出すことができます

そして、最初に場に出たカードが1枚なら1枚ずつ、2枚で出されたら2枚ずつというように、前の人のカードを同じ枚数のカードを出さなくてはいけません。

 

カード単体の強さが弱くても、複数枚のセットで場に出すことで強力なカードに化けるんですね。

 

例えば、最初に場にカードを出した人が「5」を2枚セットで出したとしましょう。

すると、場のカードが流れるまで、以降は「5」よりも強いカードを2枚セットで出さなくてはいけません。

 

「ジョーカー」は他のカードの代用として利用することができるので、「2」を1枚と「ジョーカー」1枚を場に出すことで、「2」の2枚セットとして扱うことができます。

 

ととのまる

セット枚数が多くなればなるほど、次の人は出すことが難しくなります

 

 

ドラクエ10大富豪のローカルルール一覧

大富豪というトランプゲームは全国的に広まっており、独自の進化を遂げています。

それゆえに「ローカルルール」という、その地域独自のルールが存在するんですね。

 

ドラクエ10大富豪も同じように、多くのローカルルールが存在します。

  • ジョーカー2枚
  • 反則あがり
  • 都落ち
  • 革命
  • 階段
  • 8斬り
  • しばり
  • 数しば
  • スぺ3返し
  • 5スキップ
  • 9リバース
  • 11バック
  • スライム革命【ドラクエ10大富豪オリジナル】
  • なかまカード【ドラクエ10大富豪オリジナル】

 

これらのドラクエ10大富豪で実装されているローカルルールを詳しく解説していきます。

 

ドラクエ10大富豪ルール①ジョーカー2枚

トランプにジョーカーを2枚入れるかどうかです。

基本的には1枚ですが、このルールを設定するとジョーカーが2枚になります。

 

ジョーカーは「2」よりも強い最強カードであるうえに、他のカードの代用としても利用できます。

それゆえにジョーカーの枚数が2枚になると、富豪や貧民の差がより顕著に表れやすくなりますね。

 

ドラクエ10大富豪ルール②反則あがり

ドラクエ10大富豪は「手札をすべて出し切ったらあがり」というルールです。

反則あがりは、最も強い2やジョーカーを含めたカードであがることを禁止するルール。

 

例えば、場に6のカードが2枚セットで出ているときに、2の2枚セットやジョーカーを含めた2枚セットを出してあがるのは禁止です。

もし反則あがりをしてしまった場合は、その時点で次のゲームでは「大貧民」が確定します。

 

また、これらのローカルルールに関しては後述していますが、

  • 革命中の場合は、3やジョーカーを含めたカードであがることが禁止(2は最弱となるのでOK)
  • 8斬りルール適応時には、8であがることも禁止
  • スぺ3ルール適応時には、スペードの3であがることも禁止

なども考慮しなければなりません。

 

ドラクエ10大富豪ルール③都落ち

「大富豪」となっているプレイヤーが、次のゲームでトップであがることができなかった場合、無条件で「大貧民」に転落するというルール。

 

本来、ドラクエ10大富豪はカードの交換が行われるので、次ゲームでは富豪はより勝ちやすく、貧民はより負けやすくなるゲームシステムです。

ですが、この「都落ち」を採用することでゲーム順位が入れ替わりやすくなります。

 

ドラクエ10大富豪ルール④革命

同じ数字のカードを4枚セットで場にだしたときに「革命」が起こります。

そのゲームが終了する、もしくは再び革命が起こるまで、カードの強さが逆となります。

 

通常は2が最も強く3が最も弱いのですが、革命が起こると3が最も強く2が最も弱くなります。

※ジョーカーは革命中でも最強

 

また、階段ルール適応時には、階段を4枚以上で出した場合も「革命」となります。

 

ドラクエ10大富豪ルール⑤階段

地域によっては「シークエンス」や「連番」と呼ぶ場合もあります。

同じスート(マーク)かつ数字が3枚以上続いているカードをまとめて出すことができるルールです。

 

例えば、すべてクローバーの「5,6,7」などが階段として出すことができます。

ただし、すべてハートの「2,3,4」などは階段として成立しないので注意が必要です。

※2と3は繋がらない

 

階段の場合は、一番数字が小さいカードが強さの基準となります。

例えば、場に「567」の階段を出された場合、「678」以上のカードを出すことができますよ。

 

革命ルール適応時には、4枚以上の階段を出すと「革命」が起こります。

 

ドラクエ10大富豪ルール⑥8斬り

「はちぎり」もしくは「やぎり」と呼ばれます。

「8」のカードを出せば、無条件で場のカードを流すことができるルール。

8の出したプレイヤーが、改めて手札から好きなカードを場に出してゲームを続けます。

 

反則あがりルール適応時には、8であがることは禁止ですので注意してください。

 

また、階段ルール適応時には、8を含む階段を場に出したときにも「8斬り」は発動します。

 

ドラクエ10大富豪ルール⑦しばり

連続で出されたカードに一定の法則がある場合に、場のカードが流れるまでに出せるカードに制限がかかるルールです。

「しばり」にはさまざまな種類がありますが、おそらくドラクエ10大富豪の「しばり」は「マークしばり」に分類されるルールだと思われます。

 

「マークしばり」は、同じマークのカードを連続で出すと、場のカードが流れるまでそのマークしか出せなくなるルールです。

例えば、「ハートの6」が出ているときに「ハートの9」を出した場合、場のカードが流れるまでハートのカードしか出せなくなります。

複数枚セットの場合も同様です。

 

しばりが適応されるまでの連続数は2手です。

「数しば」適応時には、しばり効果は重複し、「激しば」という表示がでます。

 

ドラクエ10大富豪ルール⑧数しば

「かずしば」や「すうしば」と呼ばれます。

場に出ているカードの数字より1つ上のカードを連続で出すと、以降は1つ上の数字しか出せなくなるルールです。

例えば、場に「9」が出ているときに「10」を出すと、以降は「11」しか出せなくなります。

複数枚セットの場合も同様です。

 

しばりが適応されるまでの連続数は2手です。

「しばり」適応時には、しばり効果は重複し、「激しば」という表示がでます。

 

ドラクエ10大富豪ルール⑨スぺ3返し

ジョーカー単体は「2」よりも強い最強カードですが、唯一「スペードの3」だけは返すことができるルールです。

ジョーカー単体で使用した場合のみ適応されます。

 

反則あがりルール適応時には、例え「スぺ3返し」として使用していなくても、スペードの3を含むカードであがることは禁止です。

 

ドラクエ10大富豪ルール⑩5スキップ

「5」のカードを出すと、次のプレイヤーの順番を飛ばすことができるルールです。

UNOのスキップをイメージすると理解しやすいでしょう。

 

複数枚セットで場に出した場合、出した枚数分スキップすることができます。

ただし、5の代用として使用したジョーカーは5の枚数には含めません。

また、自分の出した5で自分のターンをスキップされることもありません。

 

ドラクエ10大富豪ルール⑪9リバース

「9」のカードを出すと、カードを出すプレイヤーの順番が逆になるルールです。

UNOのリバースをイメージすると理解しやすいでしょう。

 

9を複数枚セットで出した場合でも順番は逆となります。

 

ドラクエ10大富豪ルール⑫11バック

「11」を場に出すと、場のカードが流れるまでカードの強さが逆転します。

※ジョーカーは11バック中でも最強

 

一時的な革命状態になるわけですね。

革命中に「11バック」を発動すると、場のカードが流れるまで通常時に戻ります。

 

ドラクエ10大富豪ルール⑬スライム革命

ドラクエ10大富豪オリジナルのルールです。

場に出たスペードの数だけ「スライム」が登場し、8匹集まると革命が起こるルール。

 

ただし、ジョーカーが場に出ると今まで集まったスライムが逃げだし、数がリセットされます。

集まっているスライムの数は次ゲーム以降に持ち越されるので注意してください。

 

また以下の特定条件下では、スライムが現れることはありません。

  • スペードのカードで反則あがりをしたとき
  • 各ゲームの最後にスペードのカードが出されたとき

 

ドラクエ10大富豪ルール⑭なかまカード

ドラクエ10大富豪オリジナルのルールです。

ときどき捨て札のカード1枚が起き上がり、手札のカード1枚と交換することができます。

もちろん、交換しないことも可能ですよ。

 

捨て札が一枚もない場合は、「なかまカード」は発動しません。

 

 

ドラクエ10大富豪で勝つコツを初心者向けに解説

ドラクエ10大富豪

ドラクエ10大富豪には「段位戦」があり、段位戦の結果に応じて段位戦ポイントが貯まり、段位が上がっていきます。

昇段報酬やランキング報酬も獲得できるので、どんどんプレイして大富豪報酬をゲットしましょう。

※段位戦でのルールは日替わりで変更されます

 

また、ドラクエ10大富豪をプレイすると「トランプポイント」が貯まります。

トランプポイントと交換で、あなたが使用するトランプの限定絵柄が入手できますよ。

「R」のアイコンが付いている絵柄はレアトランプで、ボイス付きの演出も楽しめます。

 

そんなドラクエ10大富豪で勝つためのコツを初心者向けに解説していきます。

なかなか勝てないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ドラクエ10大富豪のコツ①場に出たカードを覚えておく

ドラクエ10大富豪では、これまで場に出たカードを覚えておくことが非常に重要です。

 

例えば、2が4枚すでに場に出ていれば、現状最も強いカードは1だということが分かります。

何のカードが何枚出たか覚えておけば、自然と相手の手札のカードも予想しやすくなりますね。

特に終盤や1対1になった場合に、場のカードを覚えておけばかなり有利になりますよ。

 

もちろんすべてのカードを覚えていくのは難しいので、ジョーカーや強い2や1、8斬り適応時には8を中心に覚えるように意識すると良いですよ。

 

ただ注意しないといけないのは「なかまカード」のルール適応時

一度捨て札となったカードが相手の手札に加わる可能性があります。

ジョーカーやスぺ3が相手の手札に加わることもあるので、気を付けてください。

 

ドラクエ10大富豪のコツ②他プレイヤーと協力することも大事

ドラクエ10大富豪で「大貧民」や「貧民」になると強いカードを交換されてしまうので、そこから順位を巻き返すのは非常に難しいです。

配られた手札がよほど強くないと、勝ち上がるのは厳しいものがあるでしょう。

そこで利用したいのが「都落ち」です。

 

都落ちルールが採用されている場合は、とにかく大富豪のプレイヤーをトップであがらせないように立ち回りましょう。

富豪となっているプレイヤーをサポートして大富豪よりも先に上がらせることで、都落ちを狙います。

 

大富豪だったプレイヤーが大貧民となるので、相対的にあなたの順位が上がりますよ。

 

ドラクエ10大富豪のコツ③革命を上手く使う

革命中はカードの強さが逆転するため、強いカードを多く持っている大富豪は一気に不利となります。

順位が大逆転するチャンスなので、革命が可能であれば積極的に出していきましょう。

 

大貧民はそもそもカードを場に出せるタイミングが少ないので、確実に場のカードを流せる「8斬り」や一時的に革命状態となる「11バック」と上手く組み合わせて革命を狙ってください。

 

また、ドラクエ10大富豪では、大富豪となっているプレイヤーが革命を起こすメリットもあります。

ドラクエ10大富豪は最終的な勝ち点で勝敗を決めるので、富豪であるプレイヤーを不利な状況にするために、あえて革命を起こすという戦略もありですね。

 

ただし、再度革命を起こされる可能性もあるため、革命を起こすタイミングはしっかりと見定める必要がありますよ。

 

ドラクエ10大富豪のコツ④カード交換では弱いカードは渡さない

大富豪や富豪になった際には、カード交換で手札から要らないカードを相手に押し付けることができます。

このとき、純粋に弱い「3」を安易に渡してはいけません。

個人的には、特に「スライム革命」のルール適応時は渡すべきではないと考えています。

 

というのも、集まっているスライムは次ゲームにも持ち越されるので、かなりの頻度で革命が起きやすい傾向にあります。

万が一、手札が「A」や「2」などの強いカードばかりだった場合、革命一発で大貧民まで転落する可能性が非常に高いです。

そのため、革命が起こってしまった場合の切り返しとして、弱いカードを持っておくというのは重要ですよ。

 

大富豪や富豪のときに渡すカードとしては、手札に1枚しかないカードかつ2番目や3番目に弱いカードを渡すというのが、個人的なセオリーですね。

 

▼ドラクエ10はバトエンも楽しいぞ!

ドラクエ10バトエン攻略 ドラクエ10バトエン攻略!おすすめ最強デッキと強いモンスターまとめ

>>ドラクエ10バトエン攻略!おすすめ最強デッキと強いモンスターまとめ

 

 

ドラクエ10ドラマ「ゆうたの」無料配信中
無料視聴はこちら
ドラクエ10ドラマ「ゆうたの」無料配信中
無料視聴はこちら